忍者ブログ
主に趣味全般
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ああプリン、ビバプリン、今スイーツハーバーでプリン祭をやってるそうです。
明日の大会の帰りにでも買って帰ろうか…
いつの間にか入手していた涼宮ハルヒの詰合を延々とループ再生させながらデッキ組んでます。

今日のお題はLユニット、というよりゾォ~ドアァーップ!!(脳内C.Vはお好みで)
3弾から追加のジョイントコンビネーションに対応する為にもLユニットの研究は急務である。
建前終了で、本音はもっとLユニットにも有用性を見出そう。

母艦のXL以外で実戦レベルで使用されているLユニットはサンバルカンロボ、ウルカイザー、かろうじてアバレンオーといったとこでしょうか。
ちょっと特徴でも見ていきますか。
サンバルカンロボ
比較的合体率も高く、場合によったら2体目まで降臨してしまう。
BPが低めな為、Sユニットにまで落とされる事もある。

ダイボウケン
対Lユニット戦を見越したテキストを持つが、合体後に場を逆転させる力が無い。
こいつの存在がちょっとした冒険。

大獣神
神様は全てに対して平等です。
故に相手のワイルドビーストまで強化されてしまう。
合体パーツのプテラは優秀。

アバレンオー
3体合体という手軽さに加えて、BPもSユニット対策としての能力も合格点。
気力さえ、気力さえ無ければ…

デカレンジャーロボ
現時点で最高のSPを持つユニット。
デカベースの出現で多少緩和されるも、合体に必要なパーツが多い為に地球の平和は守れていない。

VRVロボ
合体パーツのテキストで序盤のダメージを多少は無かった事に出来るものの、やっぱり必要パーツ数が多いのが難点。
ラッシュ時に2点ストライクは魅力的?

マジドラゴン
能力はもっとLユニットを使う環境になるまで出番無さそう。
優秀な小津家の人々を犠牲にしてSP1。

マジキング
BPから見ても気力対策というよりカウンター対策。
1弾SRがコレクターから見て価値があるかなー程度。
個人的には2弾Nのイラストが好み。

ファイヤーカイザー
LユニットなのにデフォルトでBP5000、リリース状態のコマンド1枚につき+1000ずつは良いが、10000以上にならないとSP持たないって;
勇気の魔法と併用してゴーゴーフォーミュラの能力まで…

旋風神
ハリケンレオン万歳!ではなくて、鳥はバトルエリアに出かけると手札に帰って来てしまう使い辛さ。
合体パーツの追加ラッシュ条件のSユニットを捨て札送りが一番痛い。
基地が黄色には無い為、実質6体合体ロボ。

ウルカイザー
マイナステキストを消す為に合体するか?
圧縮冷凍等のBP8000以下を対象としたカードに弱い。

と、合体素体が優秀すぎて合体させる意味が無いか、必要パーツが多すぎてそもそも合体が難しいのが現状。
しかし最大の要因は、一部のユニットを除いて合体してもSP1しかなく、状況をひっくり返せる程の強さを持っていないからでしょうね。
JC持ちMユニットのテキスト次第では、ファイヤーカイザーやウルカイザーの出現率も上がると思います。

常駐オペレーションで「Lサイズのユニット以外はストライク出来ず、バトルエリアにも出られない」とかいう物でもあれば、ファイブテクターも防げるしLユニット使用率も上がると思うのですが、所詮は妄想です。
パワーバズーカの価値も上がるし、どうですか?

非公式大会特別ルール:7点目のストライクはLユニットでしか与えられない。
って組み込んでしまいたいが、三宮の人々は皆してノリが良いので普通に盛り上がれそうな予感。

では、明日の大会用デッキでも組みます。 ノシ
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(07/05)
(07/04)
(06/09)
(06/07)
(05/09)
最新記事
最新トラックバック
(08/30)
プロフィール
HN:
友人H
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/11/08
職業:
某EPS○Nプリンターの修理
趣味:
暗躍
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]